ホンダを9卓でおとうさんを医者に贈る

お産始めるまでは単に子そだてに関していまいち考えてはいませんでした。入院していた医院はミルクで育て上げるというアドバイスがあり、始めミルクが出ない自分にとっては競合でした。長女は空腹で涙し明方まで泣きまもっていました。どうしたらよいのかわからずもっぱらオタオタしながら出ないのにおっぱいを吸ってもらっていました。
2週の退院だったのですが、退院周辺で遂に出るようになりました。そうして今ではミルクのみです。
了見お天道様を超過してうまれてきた長女は身長もウェイトも状況並みですくすくと育ってある。
今では寝返りもうつことができるようにごはんをもう始めようかなと思っています。
大きくなるによって、どのように育ってほしいか最近では図るようになりました。亭主と一致するのは、お決まりがあり個々に迷惑をかけないような個々になってほしいとしてある。自分が小さい頃いまいちいろんなことを通じてこなかったというのもあるので、興味を持ったものには挑戦していってほしいなと思います。
日に日にできることがすこしずつ増えていってある長女をみるとストレート些か寂しいなとおもう時もありますが、行く末どのように育ったのか長女を探るのも楽しみです。エイジングリペアの続き